2007年05月13日

タイチの立ち位置

091.gif

GW開けて、研修を終えた新入社員が配属されて
ザ・緊張!って感じでデスクに座っていると
なぜかグリーンジャイアントになった気がするトンボです。
ハイリハイリフレハイリホ ♪ 大きくなれよ〜

そんなこんなで木の芽時ですね。
いろんなエネルギーがあっちゃこっちゃから飛んでて
なんとなく心がザワザワする季節ですが
「オーラの泉」も先月末にゴールデンへ引越しましたね。

ゴールデンなんて正気保ってる時間帯にどーすんの??と思っていたけど
なるほど、土曜に持ってきましたか。考えたね。
でも土曜の夜7時って家にいないんだよね・・・

それはともかく、前から気になっていたことがあるんです。
オーラのタイトルロール。
公式サイトを見てもわかりますが、この番組のキャストリスト、
「国分太一・美輪明宏・江原啓之」
と3人が横並びなんですよ。

芸能人にとってキャストの登場順ってのはすごく大事で
キャストの登場順番でだいたいの力関係って想像できますよね?

明らかにAさんのほうが主役なのに、Bさんが先に出てくると
「やっぱ先輩だし?」とか「ギャラ格差?」とか考えたり。
大物がキャストリストの最後に別枠で入れられたりすると
「あーなるほど、同列すら難しいのか」とか妄想ふくらましたり。

映画のエンドロールとか、チラシのキャスト表を見ながら
芸能界のドロッドロしたものを鼻ふくらましながら想像するワシ。うひ。

だから、オーラを見ながら毎回
「江原さんはともかく、美輪サマと太一チャンが同列ってどう?」
と思ってたんですよ。
キャリア的にも年齢的にも明らかに差があるはずなのに。

まあそれも猛獣使いのご褒美と思えばOK?と勝手に納得してましたが
リニューアルしてからオープニングの変化に気づきました。
3人横並びのタイトルは同じなんですが、問題は映像での登場順。

太一チャン
美輪サマ
江原サン

の順なんです。
太一チャンがトップなんです。

・・・驚きじゃね?
この番組で一番株を上げたのはなんたって太一チャンだし
役者としてもタレントとしても個人的に好きだし
3人が肩を並べるのは今ならOKと思うんですけども

え? 美輪サマより先に紹介されちゃうの??
スピ番組で、霊能力ないあなたが??
とまあちょっとした違和感があるのはワシだけでしょうか。

なんか・・・
妄想しちゃう〜〜〜  いや〜ん黒ハート

個人的にはリニューアル・オーラ、
完全な道徳番組になったなあ〜って印象です。
太一チャン出番少なくなってるしぃ〜
どうせなら日曜朝の教育番組にしてほしいと思う今日この頃。
posted by トンボ2世 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | オーラの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

スピタイム

079.gif

ビーチタイム〜青い夏のせ〜いさ〜
きっと誰も〜人恋しいよ〜♪

というわけで、夏でもないのに
TUBEの「ビーチタイム」をお送りしました。
1988年リリース。げ、ほぼ20年前・・・??

そんなこんなで意味もなく脱力しているのは
先日の夜中、いきなりこんなメールが届いたからです。

「カ〜リ〜もフェアリ〜?リアリ〜?」


・・・このあま・・・

もとい、このあまんちゅが・・・

とにかく、こういう意味不明のメールが届くと
「ああ、今日のオーラは面白かったのね」
と最近はそういうシステム(?)になっております。

フェアリーな生活を送っている海女んちゅさんと違って
こちとら真っ当な生活サイクルで生きているわけですから、
水曜の夜なんて最も「うっかり」しやすい時間帯ですよ。

ガツガツ仕事して、バンバン労働して、
働けど働けどじっと手を見る日々のど真ん中に
こんなメール来てごらんなさいよ。
全身の力抜けますっての!

まあでもたぶんオーラの泉自体があえて
水曜の夜なんつう「うっかりする時間帯」に
持ってきたのだとひそかにふんでおります。

「うっかり」と一口に言っても
「見ようと思っていたのに、うっかり忘れた」
「見るつもりなかったのに、うっかり見てしまった」
という2つのパターンがあるわけで

後者の場合は
「あら、別に何も考えてなかったのに、
たまたまTVをつけたらオーラの泉をやってた!
これって偶然じゃなくて必然ね!

というわけで、要は水曜の深夜というのは
スピ感の増す時間帯、つまり「スピタイム」
じゃないかと思うわけですよ。
(長い前フリだあ〜)

寝るか寝ないか、夢かうつつかっていう頃合いに
あの2人が花しょって出てきて、
フェアリーが〜グループソウルがあ〜言っても
なんら違和感がないわけですよ。

それが4月からはゴールデンタイムですって。
人気が上がった深夜番組の宿命でしょうが・・・

見てる人、正気保ちすぎだと思うよ?

これまで「うっかり見られなかった」人たちにとっては
ありがたいのかもしれないんですけど、
あれ見ながら寝ると、よく眠れてよかったのに〜。

だって、あんな間の長い番組ってないですもんね。
「これって放送事故?」ぐらいの沈黙ですよ。
あのダラ〜フワ〜っとした空気感がよかったのにな。

ちなみに先日、江原さんが
夜8時台の「うたばん」に出てるのを見たんですが
いやあ〜ゴールデンでこの人の話は相当浮くねえ〜。

4月からの「オーラ」がどうなるのか
ちょっと気になるトンボです。
(ていうか、ゴールデンだとますます見られない・・・)
posted by トンボ2世 at 15:07| Comment(8) | TrackBack(0) | オーラの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

スピ的イメージ・ストラテジー

037.gif

突然ですが、『オーラの泉』ってエポックメイキングだと思うんですよ。
何がといえば、スピのイメージを決定づけたという点ですよ。
イメージ戦略ですよ。ストラテジーってやつですよ。

いえ何もわざわざカタカナにすることないんですけどね、
なんかスピってカタカナ多いもんだから、こう、ついね。

コンピタンスとかシナジーとか
ミクロジンクピリチオンとかマイクログラインド製法とか
カタカナ多用するとごまかされることって多いですよね。
(「秘伝のやわらか製法」とかっていう省略のしかたはいただけませんね)

そんなことは置いといて。
オーラの泉って前半30分ほとんどCM入らないってご存じでした?
民放とは思えないくらいのノーカットぶりですよ。
BGMもほとんどないですね。テロップも必要最低限。

安易な演出を全て排除した上で、じっくり話を聞かせるという
トーク番組としては意外と硬派な作りをしていますね。

もうひとつ、重要なのは番組の美術セット。
はたして美輪サマは美術にどこまで口をはさんだのだろう?
と思うのですが、ブルーとピンクが意図的に多用されていますね。

アールデコっていうんですか? バックのガラスには
ステンドグラスみたく泡のような葉のような曲線が描かれています。
ガラスと花とライトを駆使して、
光、明るさ、さわやかさのようなものを演出してるんでしょう。

その中にドレス姿の美輪サマと、着物姿の江原さんがいる。
まっこと摩訶不思議な番組でありますなあ。

ふわふわ〜キラキラ〜ひらひら〜とした
いわゆるスピ的なイメージにドン引きする人は多いですが(ワシもムリ)
オーラの泉はそういうキラキラしたイメージに
(たぶん美輪サマの)エレガンスを融合させて
独特の世界観を生み出していますね。

そういえば、江原さんはテレビに出演し始めた頃から
テレビの演出法とかなり戦った、という話を著書に書いてましたね。

テレビの人は霊とかスピ的な番組を作ると
必ずおどろおどろしいセットを作ったり、
ヒヤヒヤするような効果音をさしこんだり、
テロップは必ず血がしたたり落ちる感じにしてしまうと。

それ、やめんかいと。スピはそうちゃうねんでと。

目に見えないものって、結局イメージ商売ですからね。
商売って言っちゃアレだけど、ほら、
「ありのままを見せればわかってくれる」
ってのは幻想ですよね?
おいしい食事をそのまんま写真に撮ったって
ちいともおいしく見えないのと同じことですよ。

オーラの泉の演出、疲れた夜にはクドく感じる時もありますけども、
他人の視線を客観的に分析して、わかりやすい言葉で伝えるというのは
簡単に身に付く能力じゃないですから、素直にすごいなと思いますです。

宮本亜門の回でも確かそのような話が出てましたが、
つまり江原センセイは戦略家ってことですよ。悪い意味じゃなくて。
「ストラテジーする人」だから、ストラテジストってやつですよ。
カタカナ言葉、食傷気味ですね。卒業しようかと思いますね。

それにしても、なぜあそこまで細部にこだわってて
音楽だけあんな手抜きなのかが謎ってことと、
美輪さんと江原さんが最近説教くさくなっているのは
何か理由があるのでしょうかと思いつつ、

今日書くはずのネタが前フリだけで終わっちゃったので
それはまた別の話。(←なつかしいフレーズ)
posted by トンボ2世 at 02:09| Comment(6) | TrackBack(0) | オーラの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

福顔

010.gif
人気ドラマを見逃すことは、つまり死を意味する。それがOLの掟。ってホントですか?
で、最近は『オーラの泉』を見逃すと、
翌日のランチタイムで話題についていけない。ってホントですか?

ちなみにそれは、「私も感謝して生きようと思った〜」などという素直ちゃん系なのか、
はたまた「ねえねえあの人ヤバくね?」的なシニカル系なのか、どっちなんでしょう。
かねてから『オーラの泉』ヒットの背景にあるものを考えている身としては
気になります。ものすごく気になります。OLの方々ぜひ教えてください!

さて。
オーラの泉といえば、反応はいろいろあるかと思いますが、
ホストの3人のうち美輪サマは不動の地位、国分太一っちゃんの株は急上昇。
最も賛否両論激しいのが、江原啓之さんだと思われます。
具体的に言えば、彼のルックスかと思われます。

着物着てる時はいいんですけどね、
なんで白いビラビラの古代ギリシャ人みたいな服着て
オペラを歌ったりするんでしょうか?
あと、人なつっこい顔してるんですが、どうも油断ならない笑顔をします。
単純にいい人というよりは、何か裏にいろんなものを抱えている顔。

それは彼の霊媒師としての悲惨な過去のせいかもしれないし、
スピリチュアリズムを伝えていく使命と覚悟によるものかもしれないけれども、
まあアンチスピな人にとっては「うさんくさい」と見えるようで。
かくいうワシも、江原氏に心酔できない大きな要因になってます。
スピ人になると、そういうことも気にならないのでしょうか。わからん。。。

しかし、江原氏もそうだし、細木数子もそうですが、
スピリチュアルな人って福々しくて、肌がパッツパツな人多いですよね。
(私の知ってる人にも、年を取れば取るほど肌が美しくなるというミラコーが起こってます)
霊感の強い人が、そういう能力が強くなればなるほど太る、と聞いたことがありますが
顔からなんかふりまいてる人、いますよね。

ちなみに江原氏ですが、マスコミ関係者の間で「彼は本物だ」という噂が流れているらしい。
「何がどう本物なのか?」と思うと同時に、
「てことは偽物がいるってことか」と複雑な気持ちになったりする今日この頃。
posted by トンボ2世 at 15:05| Comment(12) | TrackBack(2) | オーラの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

美しすぎる人

009.gif

仕事で時々、ゲーノージンに会うことがありますが、
そういう人を生で見るたびに
「そりゃあ普通の人生は歩めんだろう・・・」
と思ったりします。

美輪明宏様はよく「正負の法則」という言葉を口にしますね。
光と影、陰と陽、罪と罰?
人生は良いことの後に必ず悪いことがあり、その逆もしかりというわけですが、
美しすぎる人は、それだけでかなりの不幸を呼び寄せてしまいますね。

だって、ぱっと見ただけで「ハッ」と息を呑む相手と
友達にゃあなれんやろうて。

美輪サマも昔の写真見たらギョッとします。
よく今まで無事に生きてこれたよな〜、
と思うくらいの美しさです。
美しいって、こわいね。

余談ですが美輪サマの出世作「ヨイトマケの唄」、
つい最近まで放送禁止歌だったんですよね。
職業差別になるらしいんだけど、今見ると「どこが?」って思うくらい。

放送禁止歌の多くは、放送する側の勝手な自粛から始まっていて、
調べてみたら誰も禁止してなかったって衝撃的な事実が明らかになりましたが、
明るすぎる光、強すぎる個性は大きな反動を生むもの。

今の熱すぎるスピリチュアルブームを見ていると
数年後に「スピ狩り」とか起こりそうで、ちょっとこわいね。



posted by トンボ2世 at 11:27| Comment(8) | TrackBack(0) | オーラの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。