2009年01月15日

スピセレブ・バトルロワイヤル2!

135.gif

前回のつづき。

あの2人は今やスピの両雄と言って過言ではないですが
世はまさに下克上。
その他のスピセレブはどうしておられますでしょうか?

スピ、というよりはオーソドックスな霊能者として
オカルト番組によく出てくるのが下ヨ○子センセー。
確か、保坂が入信したとこですね。

2008年発売の書籍は4冊と、まあまあですが
「ほん怖」とか、心霊モノでは定番として出演多数。
今後もマスコミ的には登場多そうなお方です。

あと、個人的に気になるのが
「木村の神様」こと木村ふ○こさん。

恐山のふもとで長年活動されていた、
知る人ぞ知る霊能者だった木村の神様が
美輪サマなどによってメディアにかつぎ出されたのが
確か3年ほど前のこと。

テレビに初めて出た時は、芸能界のことを全く知らず
離婚や不和など、かなりKYな発言をズバズバされていて
その無垢さにかなり好感が持てたんですが、

まさか書籍やDVDを出す方だとは思わず・・・
少々気がかりであります。
たのむからメディアに出ないで〜。

あとは、スピとは言えないかもですが
風水関係はビジネス的に成功されている方が多いですね。

ごぞんじDr.コパは2008年でなんと21冊!を出版。
21冊て。1カ月に1〜2冊出してる計算ですよ。
すさまじいです、人間の開運欲・・・

そして、最近あちこちでひっぱりだこの
ユミリーこと風水建築デザイナー直居由○里サン。
2008年は11冊の著書出版の他、
まあ〜本当にあちらこちらで拝見しましたです。

個人的には、あのよくわからない巻き髪が気にかかります。
小悪魔ageha的な鬼もりヘアも開運アイテム?

最後に、スピ界若手?ホープといえば、占星術師の鏡リュ○ジ!
2008年は書籍5冊と平均的な数ですが
リュウジ(あ、書いちゃった)のすごいのはその商才。

トークショーやらキャンドル企画販売やら、
カルチャーセンターでの講師やら
その守備範囲の広さや独創的な発想力を見ると
「商売上手やな〜自分!」と声をかけたくなります。

なにしろか〜なり昔の女性誌の占い特集で
かけだしのリュウジの写真が載っているのを見かけて
「…ハリー・ポッター?」と思わず叫んでしまったくらい
ダサかった彼であります。

リュウジの中で何かの ケミストリーが起きて
たいそう大変身されたんですねえ〜〜〜

みぞーゆうの経済不安にさらされている今、
スピ関係の方々はますます人気を博していくんでしょうか。
しかと見守っていきたいと存じます。
posted by トンボ2世 at 10:21| Comment(5) | TrackBack(0) | スピセレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

スピセレブ・バトルロワイヤル!

134.gif

前回、急に思い立って半年ぶりに更新したんですけども、
書き終わって、ふとテレビをつけたら
画面からイブニングドレスを着た細木○子センセーが微笑みながら

「お久しぶり」


ひ、ひいぃぃぃぃ〜〜〜〜〜見られてるうぅぅぅ!!!!


あ、すいません、つい条件反射で。
よく見たらセンセーが開設したケータイ占いサイトのCMでした。

冠番組を降板して、彼女がテレビから姿を消したのは昨春。
それ以来、本当にマスコミから一切遠ざかっていたので
センセー的には本気で「お久しぶり」なんでしょうが。

最近、いろんな人に
「なんで数子は消えたの?」「いま何してるの?」
と質問される機会が多かったので
みんなが「そういえば最近見ないな」と思っているところに
絶妙なタイミングでセンセー登場。すばらしい間合いです。

まあ、そもそも「世界一占い本を売る人」として
2006年にギネス登録してるくらいの人物ですから
テレビに出ようが出まいが、ヘのツッパリなんですけどね、

せっかくですから、スピセレブの方々の
2008年の活動を振り返りましょうか。

まずは、話題の細木センセー。

2008年は恒例の六世占術運勢本(イラスト表紙の薄い文庫ね)を含め
各種開運本をトータル10冊出版。(Amazon調べ)
出版界で言えば、細木本は言ってみれば「鉄板」でしょう。
(KKベストセラーズ的にはマストアイテム?)

公式サイトをお持ちでなく、総括的な動きが不明なので
おそらくセミナーやトークショーなどおやりかと思いましたが
ネットでは検索できませんでした。
いずれにしても、センセー的には悠々自適な1年でしたかね。

対するは、元祖スピセレブ、エハラシ。
こちらは公式サイトをお持ちですし
メディア活動も活発なので、ご承知の方も多いことでしょう。

『オーラの泉』はレギュラー番組として存続してますし、
『週刊現代』『anan』『新潮45』などで連載中のほか
単発記事など、雑誌ではちょくちょくお見かけします。

書籍は共著含めて9冊。(Amazon調べ)。
数からすれば、細木センセーより少ないですが、
六世占術や西洋占星術などはシリーズとして出せるのに対して
(09年の運勢でも星占いなら12、六世占術なら7パターン出せる)

スピの場合はそうもいかないわけで、
お祓いブックだの、スピ子育てだの、
エハラシの本は全てがいわゆる「企画本」。
1冊1冊、企画を考えて作っているわけです。

本人が企画しているのか、編集者がアイデアだしてるかは不明ですが
スピものでよく1年に9冊も出せたな、というのが正直な感想です。

さらにエハラシで特筆すべきは、音楽活動。
武道館や東京国際フォーラム、大阪城ホールなど
全国ツアーを敢行する堂々たるアーティストぶり。
もはや全国ドームツアーも夢じゃないですね。

というわけで、他の方はどうなんでしょう。
次回に続く・・・
posted by トンボ2世 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スピセレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

丹波センセイの霊界時計

054.gif

ふと思ったんですけど、いつから
「スビといえば丹波哲郎」
じゃなくなってたんでしたっけ?

90年代、スピの主役は宜保サン、矢追サン(?)、そして丹波サン
だったと記憶していますが、どうでしょうか。

特に、名脇役として大活躍中だった丹波サンの存在感は特筆モノでしたよ。
今で言う、ちょいワルおやじ的ポジションだったダンディ丹波が
ある日突然、しびれるような低音の美声で
「死後の世界はあるんだなあ〜これがな」
かなんか言い出した時は、本当に腰が抜けたものです。

今なんか、まさに丹波サンの時代でしょうに。
だいぶお年をお召しになったようですし、お元気かしらと気になります。
なので、調べてみました。

公式サイトは丹波哲郎の霊界サロン
公式サイトがいまだに霊界ってのがさすがですね。

おっと、サイト内にこんな注目すべき記事発見!
THE・対談 丹波哲郎 vs 美輪明宏・横尾忠則・江原啓之

こ、こゆい。こすぎて読むのがこわい。。。

グッズ販売もしてました。霊界資料館
すごいなー、今見てもすごいサイケだなー。

そして気になる「丹波哲郎特性ノート」。3冊1000円。
どんな特性があるのか、すごく知りたいです。
きわめつけは「バス時計(サイン入り)」。
なぜ時計なのか。しかもなぜ風呂場用なのか???

霊界って不可解。。。

しかし、こうやって眺めると、
江原さんが「前世」という言葉をよく使うのと対照的に
丹波さんは「死後」がキーワードなのがよくわかりますね。
どっちも同じこと言ってるんだろうけど、
言葉の使い方ひとつで全然違って見えるから不思議です。

ここ2年ほど更新がとどこおっているようですが、
どうかお元気でいていただきたいものです。

ちなみに矢追サンはいまだ現役。
なんでしょうか、心もカラダも癒される宇宙塾って…。
posted by トンボ2世 at 00:18| Comment(8) | TrackBack(4) | スピセレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

クラホメ・ロケンロール

036.gif

「ブログってさー、古いものほどどんどん見えなくなっちゃうからさー
くやしいんだよね、絵を描いてる人間としてはさー」

フェアリー気分で絵を描いていると思われた海女んちゅさんが
先日そんなことをつぶやいていて、
最近コラムが長くなっていることへの批判か?と思ったトンボです。

すまんのう。早く有名イラストレーターになって
とんスピ原画展でもやっておくれ。
ちなみに先日海女んちゅ家に行って初めて知ったんですが
海女んちゅさん、ここのイラスト全部和紙に描いてるんです。

「こんなゆるゆるなブログにそんな力作を描いてたのか・・・」
と大反省しました。
聞くところによると、描いた人物にはキャラ設定もあるらしい。
(最近では「真夜中の白いこより」のおじさんトリオとか)

ホンマすまんのう。さらっと見て楽しんじゃって。
お詫びに最新記事リストを15件から20件に増やしました。
サイドバーから飛んでやってください。よよよ。

というわけで、今日は少々反省して短いネタを。

最近知り合いとスピの話をまたもやしていたら、
「サンプラザ中野がホメオパシーの免許を取ったらしいよ」
と教えてくれました。

ヒプノセラビーだのハイセイフだのアチュアメントだのと
最近カタカナばかり見ていて目がしぱしぱするのですが、
なんですかホメオパシーとは。

調べてみると、サンプラさんはクラシカルホメオパシー、
略して「クラホメ」のディプロマを取ったらしい。
何やら医療関係のようですが、スピというかロハス的なにおいがしますね。

「最適なレメディを処方されると、スゴイらしいよ〜」


それは、スゴイのか? 号泣したりするのか?
相川七瀬がセラピストになったのとは違う話か?
チバレイがヨーガの人になったのとは違う話か?

音楽関係は霊感が強い人が多いという話は以前しましたが
ロケンローラーはさすが「針の振りきれっぷり」がロックですね。

・完全スピ人の相川七瀬さんのORENDA
・IT社長からヨーガインストラクターになった千葉麗子さんのチェリーベイブ
・クラホメになったサンプラザ中野さんのサンプラザ中野ドットコム
posted by トンボ2世 at 18:26| Comment(10) | TrackBack(0) | スピセレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

スピほど素敵な商売はない

028.gif

クールビズになった途端にオーラが消える、
そんなオヤジの存在感について考えるトンボです。

かれこれワシがヒマを見つけては
スピブログをサーフィンUSAしていることは
すっかりご承知のことと思いますが、

来ました。ついに見つけました。
リンクも貼ってますが、

スピリチュアルってなんだ!?

ひょんなことからスピリチュアル系の会社に就職したものの、
会社に「宇宙人がいる」
今一番気になることは「黒魔術」
何かあれば「石を出して解決」
会話の途中で「体外離脱する」

そんな摩訶不思議な社員に囲まれるハメになった、
パワースポットは「フジロック」
最近見た夢は
「笑点野外ライブ、こゆうざでスタンディングオベーション」

なsangoさんのとんスピ的日常。

すごい。
すごすぎる。
こんな会社で働けるなんて、なんてあなたって素敵なの。

まさに「とんスピ・セレブリティ」と呼ぶべきsangoさんの毎日を
ぜひご注目いただきたい。
ていうか、ワシも働きたいぞ!
posted by トンボ2世 at 07:36| Comment(6) | TrackBack(1) | スピセレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。