2007年11月04日

ホーライ会議でスネえもん

118.gif

ごぶさたしてます。
年に2回の〆切まつりで幽体離脱ぎみに生きていたら
気づけば半月以上たってました。

その間に、前回書いたアラギョー星野さんはぶじ下山し
アラギョー話を書いた回が「長すぎる」と海女んちゅさんにクレーム殺到。
すんません、書いたのはワシです。。
お詫びに前回の日記は途中で折りたたみました。今さら遅いって。

ちなみに星野さん、すんごい形相でしたが神々しかったですね。

で、先日は「ホーライじーさんの会」に参加してまいりました。
これまで「ウンパルンパの会」として何度か催されてきた飲み会がありまして
メンバーはサイキック・レディMと、同じくサイキックな娘A、
ますます菩薩化が進むカリスマ美容師meleと、
チーム山伏のRさんファミリー、そして海女んちゅ。

このとんスピレギュラーメンバー達が、
今年の夏にホーライにお祓いツアーに行ったわけでして
以来、このメンバーが集まる会は「ホーライじーさんの会」となったわけですね。

で、チーム山伏でもサイキックでもないワシは
なぜか不思議とこの会と縁がなく、
毎回参加できないまま時はすぎ、今回がようやく初参戦。
他に新メンバーも多数参戦しての宴となったわけですが。

折しもその日は、ふってわいたように生まれた季節はずれの大台風。
外は笑っちゃうほど、ざんざんぶりの豪雨。
その影響で、娘の七五三を控えていたレディMは無念のキャンセル。

このメンバーの場合、「雨=龍神の歓迎」なので
「ちょっと龍神呼びすぎじゃない〜?」のひとことから宴スタート。
(ホントにいろんなもの呼びそうなメンバーだからこわい)

いやね。噂には聞いていたんですよ。
なめてましたね。
想像以上でしたね。

ホーライお祓いツアーでの心霊現象やら、過去の因縁やらの
スタンダードな心霊話は序の口。
元気玉の作り方やら、指先スモーキーの体験者続出、
そのうち・・・○△□★&$#!!・・・
ああここではとても書けない・・・

とりあえずホーライ会初参戦のワシがわかったのは
「疳(かん)の虫」は本当にいて、指先からニョロッと出てくるということと
カマキリが死ぬと、おそろしい長さの寄生虫が出てくるということと
愛知には「すねえもん」という
一度見たら忘れられない“最強”ご当地キャラがいることを学習しました。

本物を見たいかたはこちらへ・・・
子供が泣き出しても当方責任を持てませんのであしからず(でも魔除けにはなると思う)

すごいよ、すねえもん。
逆さはりつけジンジロゲの、すねえもん。
ホーライ行けなかったワシ、取り残されてスネえもん。


posted by トンボ2世 at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | スピな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさか!!
取り残されて、すねえもん??
まさか!!(大笑)


Posted by mele at 2007年11月05日 08:20
出たぁ、どらえもんのスピンオフ番組〜!(ウソ)

ベロだしチョンマより迫力ありますね。
チョンマ君も実在してたのかな・・・?
「来」という字の語源ですね(ウソ)。

ちなみに僕のブログより短いので、全然長い気はしませんよー♪
長生き(意味なし)。
Posted by tom at 2007年11月05日 14:39
meleちん、今度は「取り残されてスネえもん」のTシャツでも作る?
Posted by 海女んちゅ at 2007年11月06日 03:13
>>meleさん
ええ、もうざんばら髪ですねえもんですよ。
ホーライタオルの下には真っ赤なすねえもんTシャツで決まりですね。

>>tomさん
言うと思った、あなたなら(笑)
ベロだしチョンマの話、ぜんぜん記憶なかった。
こんな話、はやってたんですか?

チョンマのほうが鬼気迫りますね、個人的には。
だってはりつけされながら、妹を励ますためにバカやるなんて〜泣かせる〜

>>海女んちゅ
できればトートもお願いします。
Posted by トンボ at 2007年11月06日 07:52
「交渉人・鳥居強右衛門」

ここまで思われてましたか・・・。

交渉人ですから、あの場でバカ言ってたらヤバイですぜ・・・。

そして、取り残されたのはホリ○もん(古!)
Posted by tom at 2007年11月07日 17:47
!!!
ホリ○もん!

どこ行ったのだもん!!
Posted by トンボ at 2007年11月08日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック