2007年06月14日

ありがとう

096.gif

ありがとう…ありがとう…なんとスピな言葉でしょう。
すべてのモノや人に感謝の気持ちを持つこと、これが大切。
さぁみなさん、一緒にどーぞ〜ありがとう〜〜〜〜

・・・うっせーやい。

ちまたにベッキーみたいな感謝人間がウゾームゾーと現れて、
そりゃそりゃうっとおしい限りです。
別に感謝するのが悪いコトとは思いませんし、すっごく大切なコトっちゅうのはわかってますよ。わかってるんで、お願いだから口に出さないでください。あと、命令しないでください。「あたし全てに感謝してるのぉ〜」って自分に酔わないでください。

すいません、前置きが長くなりました。
引っ越しと同時にあちこち取材で飛ばされてるトンボ多忙につき、
またまた海女んちゅプレゼンツ。


今年の2月に、同じ年で仲良しの友だちが亡くなりました。

デザイン会社にいた修行時代の頃からの付き合いで、若い頃のガムシャラな時を共有した友人だったので、そりゃもうショックは大きかったです。

で、その頃ちょっとサイキックな能力のある人と話す機会がありまして。
彼女としてはどよんとしてるワタシを励まそうとしたのか、

「彼女は死んだのではなく別の世界に行っただけ・病気は苦しいけど今はきっと苦しくないから・アナタが彼女のコトを考える時、彼女はすぐそばに来てるから・彼女は悔やんではいないからうんぬんかんぬん…」

等々いろんな話をしてくれるワケです。
その頃のワタシはそのケロッとした口振りに腹をたて、
ひと回りも離れてるその人に対して
「なんだかんだ言っても生きてて欲しいの!」
と声を荒げて覚えがあります。

それからもうすぐ4ヶ月。
先日、彼女が亡くなってから初めて彼女の夢を見ました。
すごくリアルな夢で「ありがとう」と言ってました。
それから「実家に連れてって」とも。

そう言えばワタシを励まそうとしてくれた人は、

「死んでからしばらくはまだ自分に起こった事が理解できないけど、
 しばらくすると落ち着いて、そしたらアナタの夢に出てくるわよ、
 普通の夢と絶対ちがうからわかるハズ。アナタにお礼を言うと思うわ」

と、言ってました。

もう30年ちかく夢日記をつけてるので、特殊な夢と普通の夢があるのはわかってますが、この夢は特別変わった夢ではなかったと思います。
ただ、寝る前に毎晩彼女のコトを考えても、一向に夢に現れなかったのが、
突然やってきたのでビックリしました。

これが何を意味するのかはわかりません。
夢は所詮自分の脳が造り出したもの。
サイキッカーの言葉が頭に残っていたからその通りにしたのか。
自分がそう言って欲しかっただけなのか。
スピな人に話せば間違いなく「彼女からのメッセージね」とか言われそうだし。

だた事実として「死んだ友だちに夢で会えた」というだけで
ワタシは満足しております。

ちなみにワタシより彼女と一緒にいる時間が多く、
付き合いの長かった別の友だちは、しょっちゅう彼女の夢を見るそうです。


posted by トンボ2世 at 00:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 海女んちゅプレゼンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現実に起こっている事柄も実はほとんど脳の中で起こっている事なんだと思う。

今住んでいる世界も本当は脳の中で創りだしたものだと考えると夢もうつつも同じということでしょう

彼女が突然現れたのは意味があるかもしれないし、無いかもしれない。
でも現れたんだよ。
事実として。
夢とうつつに。

Posted by koro at 2007年06月14日 15:41
>koroさん
「実家に連れてって」ってトコロにメッセージがある!と、取る人が多いですね。
夢では「実家」の沖縄の海に行くんですけど、本当の実家は東北の方です。
いや楽しい夢でしたわ〜
Posted by 海女ちゅ at 2007年06月14日 19:24
海女んちゅさん、はじめまして。

その昔、大好きだった祖父の臨終に立ち会いました。
私は「何が何でも死なせない」「どうあっても生きていて欲しい」と思っていたんですが、亡くなる5分前くらいに何とも言えない神々しい顔になったのを見て、「ああもうこの人は逝ってしまった」と知りました。

なのに、それから何ヶ月もたって初めて私の夢に出て来た祖父は「三途の川を渡れない。手伝ってくれ」って言うんですよ。そこで、私は河原に行って、皆が行列作ってぞろぞろ渡っている浅瀬から下流に下った所にあった小舟を見つけ、「おじいちゃん、これで行けるよ」と別ルートで向こうに渡らせたのです。

私らしい、誰かが作ったような夢だなと思ったんですが、その夢の後、私はようやく祖父にお別れが出来た気がしました。
Posted by よこさー at 2007年06月15日 11:49
>よこさーさんこんにちは。
要は亡くなった人がどーのこーのではなく、
亡くなられた側のワタシたちが、現実を受け入れるための時間が必要だったり、
お別れをするためのキッカケだったりするんですよね。

友人が亡くなって(今までも数人の友人が亡くなってますが…)、
死というのは亡くなった本人ではなく、残された側のモノなんだなーと、
つくづく思いました。
Posted by 海女んちゅ at 2007年06月15日 17:33
このブログは、反スピリチュアリストを
スピリチュアリストに変える為の陰謀ブログ
ですか?w
Posted by 反スピリチュアリスト at 2007年06月23日 19:46
>反スピリチュアリストさん
頭の固い現実主義者をめるひぇんに、頭ぐにゃぐにゃなスピ人に、現実見ろよと嘯トラナつ、
そんな人間に・・・ワタシはなりたい。

つーかただのアマノジャク〜!
Posted by 海女んちゅ at 2007年06月25日 09:36
文字化けしてますよ。
これも必然ですか?w
http://smilespritual.seesaa.net/archives/20070111-1.html

超自然的な力や、霊的なものは存在すると思う
けど、スピリチュアルという枠組みや、その中
のワンパターンな思考回路が嫌いです。
Posted by 反スピリチュアリスト at 2007年06月25日 12:31
>反スピさん
もちろんですとも必然ですよ盛者必衰の文字バケをあらはすですよ。
文字バケが必然じゃなくて、何を必然と言おうかってなモンですよ。

スピリチュアルな枠組み・・・? 難しいですな・・・
そうですかワンパターンなんですか。

ワタシはスピリチュアルそのものより、スピリチュアルに走る人を観察するのが楽しいので、
いろんなパターンがでてきて興味がつきませんよ、おほほ。
Posted by 海女んちゅ at 2007年06月25日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。