2006年09月25日

追悼

俳優の丹波哲郎さん 死去

さっき海女んちゅさんから第一報を聞いて、腰くだけました。
いやいやいやいやいやいやいや
ワタクシ何も受信してませんよ

ただフッとこう、ほんとにフッと
「そういえば丹波さんってどうしてるんだろう?」
と思いついただけなんですようぅぅぅぅ〜〜〜。

やーホントにビックリしました。。。。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
先にリンクした公式サイト「丹波哲郎の霊界サロン」は
告別式の告知になっております。

どうしよう丹波サンほんとに何か伝言してたら。
むこうは発信してても、こっちが受信できてなかったら意味ないよな。
たぶんないと思うけど、もし何か言いたかったとしたら
役立たずでごめんよう。

でも、一度お会いしてみたかったです。


posted by トンボ2世 at 19:39| Comment(8) | TrackBack(0) | スピな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、yahoo!のニュースで知りましたー!
いの一番にトンスピが頭に浮かんで、この奇遇さにちょっとだけ背筋が伸びました。
ご冥福をお祈りするとともに死後の世界でも活躍して欲しいです。
Posted by jjj♪ at 2006年09月25日 20:07
ぢゅんちゃん、
いいねぇ「死後の世界で活躍」!
バシバシ信号送って欲しいね。誰がどうキャッチするのか見てみたいよ。
まだ次のパソコンが手に入ってないので、今回は絵なしです。
そのうちつけるかも・・・
Posted by 海女んちゅ at 2006年09月25日 21:17
最近の彼の演技は鬼気迫るものがありましたよね。
去年の大河で源頼政役をやったとき、彼が死を覚悟して謀反を起こすのですが、本当に迫力がありました。
Posted by ころころ at 2006年09月26日 12:28
もう充分生きただろーと思ったけど、それは森繁ヒサヤでした…合掌
Posted by 海女んちゅ at 2006年09月26日 16:24
今朝ね右の靴ひもが切れたんです。
なんかちょっとねと思っていたら会社から帰るとき会社の前の石畳に大量の血だまりがあって。

うわあ事件だと思って警察に電話したんです。そしたら動脈瘤が破裂した人がいて救急車で運ばれていきました。残された私と血だまり。
大雨の中デッキブラシで流しました。
こわかったよ〜

多分あの日みんなでたんばさんのHP笑ったからだと思う。ごめんなさい
Posted by korokoro at 2006年09月26日 21:36
死後の世界に行くのが楽しみと 入院後も回りの人に楽しそうに笑いながら言ってた丹波さん。 素晴らしい人生でした。 笑いながらあの世にいける、、こんなにスピな方はなかなかいないと思います。究極です。  
私もそんな死を迎えられたら良いなと思いました。 とんスピで丹波さんの話題がなければ 丹波さんの死を きっと聞き流していただろうと思います。自分も含めて誰もが体験する死、、その死を笑いながら迎える人がいたということが なんかとっても勇気付けられる思いがします。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by ななちゃん at 2006年09月26日 22:04
>バシバシ信号送って欲しいね。誰がどうキャッチするのか見てみたいよ。

さすが海女んちゅさん!
トンボさんと、おふたりでキャッチ☆ですね。
死後とキャッチボール♪

きっとここのヒット数、今うなぎのぼりじゃないですか?
あやかれあやかれー。
Posted by at 2006年09月27日 12:14
すんません、浮かれた文章かいて名前を入れ忘れてました・・・。
Posted by tom at 2006年09月27日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。