2006年10月04日

チーム山伏

055.gif

オーラの泉での江原サンの発言や、
レディMに友達を会わせてわかったことなのだが
どうも仲の良い人やら家族やらというのは
実は前世でも関係があった、ということがわりかしあるらしい。

前世があるかどうか、という根本的な考え方はひとまず置いといて、
いま仲のいい人とか、いま愛し合ってる人が
前にもどこかで通じ合っていたかもしれないと言われるのは
意外とうれしい気持ちになったりするから不思議だ。

「キミ、前にどっかで会ったことない? 
ああ平安だよね。キミの十二単、かなりヤヴァかったなあ〜
ね、ね、今度短歌送っていい?メアドなに?」

そんな新手のナンパはさておいて、今、山伏が熱いのである。
どうも最近、ワシのまわりに山伏が増えている。
いや、正確には海女んちゅの近くに「むかし山伏だった人」が集結しているのだ。

最初に発覚したのは、ウンパルンパでおなじみのカリスマ美容師meleさん。
1500年ほど前、海女んちゅさんと一緒に山伏として熊野あたりをかけめぐっていたらしい、
ということがサイキックのレディMの霊視によって判明。

そのレディM自身も、どうやら同じ頃に山伏だったらしい。

そして最近meleさんの友達、Rさんと知り合ったのだが、
彼女は山伏ではないけれども、山のふもとに住んでいて、
mele & 海女んちゅたちをお世話していた過去があるという。

会う人会う人、みんな山伏。しかも同じ時代に、同じ山で。
「チーム山伏」が今、1500年の時を超えて現代の東京に結集しつつある。
これは何ごとか。
幻想ファンタジーが始まるのか。
「仁!」「義!」とか叫びながら
みんなで元気玉を出して、敵を倒すのか。(それは八犬伝)

着々と集まっている、チーム山伏。
何人いるのかわかりませんが、
どうやらワシは関係ないようなので、
とりあえず姫の役を希望します。

それと2週間ほどインドで修行してきます。
あとは頼んだ、海女んちゅ!

PS.アイラブユー 海女んちゅです。
ようやく新しいパソコンやらスキャナやらが届いて、なんとか仕事モードになりました。

人が準備万端になったってのに、当のトンボはインドにいっちまいました。
とんスピは自由に書いていいとのコトなので、これからは絵と文両方とも海女んちゅプレゼンツで行きましょう〜!

と思ったら、またまた偶然のなせるワザ、アタクシ今日からスピリチュアルスポットで有名な奈良の天川に行ってまいります。
まいどまいどお馴染みの、サイキッカー、レディMもお勧めの天川です。
山伏たちの修験場、天川ですよー。
山伏としては行っとかないとね。

別にこの記事に触発されたワケじゃないんです。
全然関係のない所から出てきた話なんですよ、丹波さんに続きアタクシもトンボに行動を読まれてるのか・・・

そんなワケで一週間後には戻ってきま〜す。


posted by トンボ2世 at 02:35| Comment(5) | TrackBack(0) | スピな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天河は「チーム山伏」と別件ですか?
「Wの悲劇」と「天河殺人事件」は別件ですか?
「Wの悲劇」の主題歌いいんですよねー、僕の隠しカラオケネタ。って年寄りみたいな連想トーク状態で失敬!

トンボさんの修行は「チーム仏陀」とかになりはしないか、ちょっとワクワクです。
Posted by tom at 2006年10月04日 15:55
1500年前ってあなたたち

大化の改新より前だよ
山伏なんかいたの?

実は山賊か山男だったんじゃないの?
Posted by ころころ at 2006年10月05日 06:38
なにかしら修行をなさってた魂ってことですよね、
いや素晴らしい・・オトナなんですよオトナ!
ちなみにこないだアタシ宇宙人って言われました・・
そんなこといわれたって・・何しにキタのさアタシ!って思ってます(笑)。
Posted by 桃瀬 at 2006年10月10日 02:18
失礼しました、天川ですね。
天河、じゃなくて。

こうして1週間ペースで覘いても、いつもみたいに3話遅れぐらいにならない更新度って好きかも。

海女んちゅプレゼンツ、新展開ですね。
たーのーしーみ〜!
Posted by tom at 2006年10月11日 15:10
●tomくん
天川村の天河弁財天です。ややこしいねぇ
たぶん天河殺人事件の現場でしょう。たぶんね。

●ころころさん
山伏はほぼ神道から発生してるので、そうとう前からいたらしいですよ。
仏教も非公式には400年代に入ってきてるそうだしね。
おもしろい儀式でしたわ。

●桃瀬さん
ミクシの前世コミュで紹介されてた本を読んだら、
宇宙人だった人けっこういるらしいですね。
SF好きのアタクシとしてはウラヤマシイ限りです。
Posted by 海女んちゅ at 2006年10月12日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。