2006年05月24日

彼女がスピに着替えたら

023.gif

最近やたらに昭和のにおいがする人たちが集まってきているようなので
懐かしいタイトルにしてみました。全く内容とは関係ありません。
(どーでもいいけど、ホイチョイって音からして軽いよね)

さてさて、今日は初心に戻って「スピリチュアル」について考えてみたいと思います。
珍しく長めです。

ブログを読んで既におわかりの方もいらっしゃると思いますが、
ワシはスピオタどころか、目に見えないものには全く興味のない人間だったのであります。

でもなんだか知らんのですが、仕事で占い師にからむことが多かったんですよ。
まあ占いは女性の永遠のテーマですし、知るとそれなりに面白いので、
半ば娯楽として読んだり聞いたりする程度のおつきあいでした。

それがある時期、仕事やプライベートでサイキックや西洋占星家に何人も会うことがあり、
周囲にちょっと不思議な能力を持ってる(っぽい)知り合いが集まっていたことあって。
それをあるところで書いたことがあったんです。まあ普通に体験談として。

そしたら、それを読んだ人たちが何を思ったか、
ワシのことを「とってもスピリチュアルな人」だと勘違いしちまって。
そういう人やら情報やらが勝手に集まってきちゃったんです。
違うっつってんのに、聞いちゃいないんだな、そういう人たちは。

しょーがねえので半ばトホホな気分で話を聞いていたんですが、
でもそのうち、アレ?と思うようになったのです。

「やっぱり占いって必要ですよね!今度一緒に行きましょう」とAさんは言う。
「こないだUFO見たんですよ」とBさんは言う。

「私、石と話せるんですよ」とCさんは言う。
「風水ってバカになりませんよ!」とDさんは言う。

「ロミロミマッサージで泣いちゃったんですよ!」とEさんは言う。
「江原さんに会いたいんですけど、どうしたらいいですか?」とFさんは言う。

「最近知らないおばあさんが体を通り抜けていったの…」とGさんは言う。
「私も今年大殺界だから引越はやめたほうがいいですよ」とHさんは言う。

「第3のチャクラがあいてるけど、大丈夫ですよ」とIさんは言う。
「やっぱ坊主は天台宗に限るね」とJさんは言う。

<スピリチュアル>という言葉の持つイメージが、人によってこんなに違うのか?
つうか、こんなに違っていいのか??
そして、そういういたって曖昧な定義の言葉が、まるで共通概念みたいに
日常会話の中でフツーに使われてるのかって、正直ものすごく驚いちゃったんですよ。

スピリチュアルって何? 気って何? エネルギー体って何?
プロの人に聞いてみたりもしたけれど、納得できる答えが返ってきたことないです。

目に見えないからって、言葉まで曖昧にしちゃってOKなのか?

それが、ワシのスピ研究の始まりでありました。
研究っちゅうほど研究してませんけどね、
なんか「とんでも臭」がプンプンするので、つい。

皆さんは「スピリチュアル」って言うと何をイメージします?
ちなみに先日、海女んちゅさんに聞いてみたら
「オカルト的なもの全部」

ワシはこんなことになるまで
ずっと江原本のシリーズ名だと思ってました。
「どくとるマンボウ」的な。

バカすぎる・・・


posted by トンボ2世 at 09:18| Comment(7) | TrackBack(1) | スピって何さ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、そういったことを全部論理的に話す人と出会いました。
その人はすごくなんだかスピリチュアルな事を言うくせに、それを全部いろんなとこから引っ張り出した情報で、説明するんです。
時空のゆがみだの、11次元の次元の話だの、相対性理論だの、聞いてて眠くなっちゃいました。
自分に見えている物が、自分で納得いかないので、どんどん説明できるように調べたと言ってましたが、
「不思議」
だけでいいじゃ〜〜ん。と思っちゃいました。
なんでも答えを出そうとするのは無意味かもと思い・・・ま、聞いていてめんどくさくなっちゃったのも理由ですが(ははは・・)

この人と話すと、言葉が曖昧ではないですが、眠くなりますがいかがでしょうか?
Posted by mele at 2006年05月24日 09:48
思ったのですが、言葉にとって(目に見えないものを定義する)というのは荷が重いのかも。
あるいは人の意識が視覚に頼ってるから、曖昧になるのかも。

「スピ=○○である」というのが確立されちゃうと、逆にその周辺のギリギリアウトな事象がギリスピと呼ばれ、更にその境界的現象が擬似スピと呼ばれ、本スピ愛好家から嘲笑の対象になったりして。

あるいは「ネイティブ派」とか「オカルト派」とか「わりとレリジャス派」とかに体系づけられ・・・。
「とんでもギリスピ」と「とんでも擬似スピ」が、ここにリンクしたりして。
Posted by tom at 2006年05月24日 09:54
おっと、文章をいじろうと思ったらもうコメントが入っていた・・・(汗)

>>meleさん
たぶんその人は論理的というよりか「難しいことを難しく言いたい人」じゃないですかね。
スピというか、ムー方面に(笑)

ホントに大事なことはシンプルな言葉で説明できる、と私は思っているのと、不思議は不思議でOKなんだけど、そこからこぼれて伝わらないこともあると思ったりもするんですよね。
って何が言いたいのかわからなくなってきた・・・

>>tomさん
ギリスピ、疑似スピ・・・ジャンル分けが面白いですね(笑)

なんだかんだいっても結局は目に見えてない人が何を言っても、クリアな境界線をしくのは無理と思うのです。でも、玉虫色なのをいいことに悪用したりするヤカラもいるんじゃないかなーとか、誤解する人もいるんじゃないかなーとか、ぼんやりとそんなことを思う今日この頃です。

というか、「スピリチュアルって何だろう」ってみんなぼんやり思ってるんじゃないのかなって素朴な疑問みたいな。
Posted by トンボ at 2006年05月24日 10:11
ワタシはタイコ叩くと眠くなります。
気合いが足りないのかと思ってたけど、トランス入ってるんじゃないかと、最近気が付きました。きっと天使が降りてきてるんだわわ、だわわ…
Posted by 海女んちゅ at 2006年05月24日 10:33
「癒し」と「精神世界」とゆーキーワードを含むモノが「スピリチュアル」なのだと、なんとなく思っていました!
私としては、「スピ」と「オカルト」は別ものっつか、「心霊」も「UFO」も「占い」もそれぞれ違うものなのですが(^^;;)。
でも、「すこし不思議」を「オカルト」と言っておけば便利なので、テキトーに使ってます。あっ「スピ」って、いまや、そーゆー扱いなのですか?

私ごとですが、TVにも出ているなんとかゆーヒーラーが、友達料金でなんとか(失念)をしてくれるから一緒に行こうと、友人に誘われて、「私的な」スピの集まりとゆーのに参加したことがあります。
そこで、そのなんとかをするのはともかく(生年月日と名前を紙に書いて、それを見ながら何か言われることだったらしい)、言われている事がよくわからなかったので、「えっ?」と言ったら、しばし黙り込まれた末に「あなたがスピリチュアルな世界に興味を持つのは、早過ぎるみたい」と切って捨てられた過去があります(- -;)。
理解するどころか、興味を持つことさえ、まだ許されてないみたいです。
Posted by じゅんこ at 2006年05月24日 12:40
あっち向いてこっち向いたらめっさ難しくなってるじゃないですか。
風邪で2,3日休んだらついてけなくなった数学の授業のようじゃないですか!
アタシはスピリチュアル=「魂の存在を視野に入れた考え方」だとはっきり定義してました(エハラさんの本にそう書いてあったから)単純でしたね・・。
Posted by 桃瀬 at 2006年05月24日 22:24
>>海女んちゅどん
キミは単に眠いだけでしょう。あなたは幾つになっても本当に赤ちゃんのように寝ますね。
いつか天使と小さいおっさんに会えますように!

>>じゅんこさん
ほう、私的なスピ会とはまたマニアックな気配ですね。
でも、その御方が「まだいいよ」とおっしゃるのであれば、きっとそれでよかったのでは。
議題にもなっているように、スピにもいろいろあるようですから、きっと相性が合わなかったんでしょう。男と上司と同じです(笑)

>>桃瀬さん
ここテストに出るからノート取るように!なんつって。
江原さんが提唱しているスピリチュアリズムというのは、そういうことだと思いますよ。でもたぶん今、便宜的に使われている「スピリチュアル」の中には、そうじゃないものがたくさん含まれている気がする・・・
Posted by トンボ at 2006年05月25日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

とんスピ
Excerpt: カメブロガーのサノアさんが今度は、 「信じるか信じないか」と聞かれると困るけど、 「アリかナシか」と聞かれたら「アリ」と答える。 目に見えるものしか信じられない、でもなんか気になるんだよね。..
Weblog: 北緯1度
Tracked: 2006-06-01 11:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。