2006年05月11日

神様もう少しだけ

016.gif

突然ですが、前回の宗教ネタで思い出したことがあります。

音楽家とかアーティストとか作家とか、モノを作る人の中には
神がかりのような状態になって作品を作る人がいますね。

そうなると、神がかりが高じて

になっちゃう人がいるのもわからんではないのですが、
アッチにいっちゃって作品を中断された読者の身にもなっていただきたい。

『消えたマンガ家』という本の中でも紹介されてますが、
『エースをねらえ!』で有名な漫画家の山本鈴美香センセは
とうとう教祖様になってしまわれました。

大好きな冒険大河ロマン『7つの黄金郷(エルドラド)』
クライマックスで中断を余儀なくされ、はやウン十年・・・

今の心配は、美内すずえ先生でございます。
『ガラスの仮面』の。
1971年の連載スタートから、はや35年。いまだ完結せず。

めっきり神がかってると評判の美内センセ、
ながーく休んで、思い出したように描いてる美内センセ、
近年はお能の脚本なども書かれておられるのは構いませんが、

どうかどうか、ああどうか、
アッチにいっちゃう前にガラカメだけは終わらせてください。
神様おねがい。


posted by トンボ2世 at 07:14| Comment(10) | TrackBack(1) | スピな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美内すずえさん・・そうだったんですか、
ちょっとアレかな〜とは思ってたんですが
・・お能の脚本ってか・・・・そうですか・・。

うすた京介さんだけはなんとか「コッチ」で
あの調子で頑張って頂きたい・・
勝手ながら、心からそう願わずにおれません
なんつって。
Posted by 桃瀬 at 2006年05月11日 07:24
まぁ芥川龍之介のように収拾つかなくなって放り投げるよりは良いかと。(笑)
Posted by ろきお at 2006年05月11日 08:51
>>桃瀬さん
宇宙と交信してるっていう噂は聞いたことがありまして、漫画「アマテラス」あたりからヤバイなーと思っていたのですが・・・
漫画家さんってアッチじゃなくてもソッチやドッチやいろいろいっちゃう人多いですよね。

>>ろきおさん
アッチにいっちゃうことが究極の現実逃避だったらどーしましょう。
ま、逃げたくなる気持ちはわからんでもないが(笑)
Posted by トンボ at 2006年05月11日 13:13
ボク少女漫画って割と読んでたけど、美内さんの絵は昔っぽ過ぎてダメでした。
「ベルばら」とか「悪魔の花嫁」が限界点でした、そんで好きな絵は総領冬美とか秋里和国とか。

「消えたマンガ家―アッパー系の巻」の目次に、”消えたマンガ家外伝 鳥山明はエホバの証人だった!?”って・・・。

証人どまりかよ!?
Posted by tom at 2006年05月12日 15:40
アテクシも昨日ブックオフで「悪魔の花嫁」と「王家の紋章」探してしまいました。
でも一番気がかりなのは、友だちに貸した「マカロニほうれん荘」が返ってこないこと…。
Posted by サノア at 2006年05月12日 17:24
山本鈴美香先生・・・神様になってしまわれたなんて、存じ上げませんでした。
確かに「エースを狙え!」もテニス説法みたいでしたものね。

美内先生には横尾忠則画伯のように
神や宇宙人と更新しながら、
作品をどんどん制作していただきたいですです。
Posted by ムロカ at 2006年05月12日 17:44
美内すずえさんて、すでにアッチの人なのかと思っていました!

ところで、サノアさんが書かれている「王家の紋章」ですが、カバーの返しに書かれている著者コメントが、ずっと同じなんで、細川智栄子さんはすでに亡くなられていて、影武者が書いているのではないか?
と友人が以前言っていたのですが、本当でしょうか?(あっ著者コメントが同じって所)
Posted by じゅんこ at 2006年05月13日 15:02
鴨川つばめは生きてるけれど・・・やっぱり「マカロニほうれん荘」と「ドラネコロック」ですなぁ。
うんうん。
Posted by tom at 2006年05月13日 21:37
>>じゅんこさん  えっ「王家の紋章」ってまだ続いてるの?そっちがビックリ。
ワタシのエジプトやらギリシャ神話好きは、ぜんぶそこから来てるな。
あと聖徳太子好きは「日出処天子」から。

>>tomくん  何で一人で納得してるのかなー?
新撰組を知る前に、マカロニほうれん荘を読んじゃったもんだから、教科書に載ってるの見て「あ、トシちゃん25才だ」って・・・

あぁ25ってすごいオヤジだと思ってたあの頃・・・
Posted by 海女んちゅ at 2006年05月13日 23:53
さすがに漫画ネタは盛り上がりますね〜。

>>tomさん
くらもちふさこ好きの男子が私のまわりにとっても多いんですが、なぜでしょうか。
私も美内すずえのタッチは古くさくて好きってわけじゃないのですが、小さい時に覚えた味は一生忘れられないって感じでしょうかね。

>>サノアもしくは海女んちゅ
「マカロニほうれん荘」はバイブルです。
大河を見ていても、としぞーが出てくると頭の中に「25」という数字が浮かんどります。

>>ムロカさん
ホント、なんとかギリギリの線で踏みとどまっていただきたいものです。
漫画描いてくれるなら、宇宙にでもワームホールにでも飛んでいっていいから。

>>じゅんこさん
実は私も疑念を抱いてました。。。
あそこの姉妹もかなりのお年でしょ?
もともと筆の遅さは有名ですが(入院とかしてたし)、そもそも「ふ〜みん」というあだ名にクエスチョンです。
Posted by トンボ at 2006年05月14日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エースをねらえ!
Excerpt: エースをねらえ!「エースをねらえ!」は、山本鈴美香のスポーツ漫画である。1973年から1980年まで『マーガレット (雑誌)|週刊マーガレット』に連載された作品で、同誌を代表する名作漫画のひとつとして..
Weblog: マンガの知識館
Tracked: 2006-05-13 21:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。