2010年02月28日

霊も降り立つイタコ・ステイション

146.gif


<イタコ>JR八戸駅で口寄せ 駅で死者との対話を仲介

(2月9日11時1分配信 毎日新聞より)

 青森県の八戸観光コンベンション協会は、JR八戸駅でイタコの口寄せを開いている。昨年8、10月に続き3回目で、2月の毎週土、日曜日、3人のイタコが駅で死者との対話を仲介している。

 集客を狙って同協会が昨年初めて試みたところ、「次はいつやるのか」との問い合わせが相次ぎ、3度目の開催につながった。同協会は、口寄せが新たな八戸の観光資源になると期待しており、継続事業にできないか検討している。

 イタコは3人とも市内在住で、普段は市内で口寄せをしている。駅での口寄せは、はちのへ総合観光プラザで2月の毎週土、日曜日午前10時〜午後5時。プラザ内の控室で1組ずつ対応する。料金は降ろす霊1人あたり4500円で時間は1人15〜20分。霊は家族、親族、友人に限り、氏名▽性別▽関係性▽命日などの情報が必要。予約優先。はちのへ総合観光プラザ(電話0178・27・4243)。【喜浦遊】



古い話になっちゃいましたが・・・すげー。
イタコがどんどん都会に迫ってきてる感じですね。

去年の5月に初めて恐山に行きまして、
どうせならイタコの口寄せやってる夏の大祭がよかったなあ〜
と思っていたら、なぜかその日もイタコが口寄せ中!

え、なんで?なんも書いてなかったのに。。。
と思っていたのだが、
冷たい雨がそぼふる開山直後の恐山で
イタコまわりだけが局地的に長蛇の列。

あまりの寒さに、さすがのワシも並ぶ気力はなく
そもそも誰おろしたらええのかわからん
ワシのような人間にイタコの用はなく。

でも、オフシーズンでもあんな人気なんだから
青森県がかつぎだすのもわからんではない。

なんせ地元のマスコットキャラクターも

「イタコのイタ子」

でしたから。

しかし、駅みたいないろんな人が行き交う場所で
降霊なんかしちゃって大丈夫なのか青森・・・

itako.jpgイタ子ですけども何か
posted by トンボ2世 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽くオカルティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。