2009年02月02日

2012年がアツいらしい

138.gif

先日、飲み会の席で友達が唐突に
「2012年の12月22日、ヤバイですよ」
と言い出した。

その人によると、どうやら人類は2012年に大変なことになるという。
「地球に隕石が落ちる」とか、
フィトンチッド、じゃなくてフォなんとかベルトの影響で
異常気象が起きたりして、

「太陽が3日間も出なく」なって、
その間に人間は「違う生命体に変化」したりするらしい。


・・・意味がわからない。

太陽が3日も出ないって、白夜か?
3日出ないだけで別の生命体になるのなら、
北欧の人達はどうなっているのだ。

「とにかくニューエイジ系ではすごい話題なんですよ。
2012年で検索してみてください。いっぱい出てきますから!」

そう言われて検索してみたら、本当にいっぱい出てきた。
2012年地球滅亡説、というのが今、
まことしやかに囁かれているらしい。

南米の古代文明、マヤで使われていたマヤ暦が
2012年12月22日で終わっていることからくる終末論が
根本にあるようだが、

実はノストラダムスの予言が数え方の違いで
1999年じゃなくてホントは2012年だという説もあるとか。

信じる・信じないは各自で考えていただくとして
とにかくその飲み会の席で
その話を聞いたワシを含めた全員が

「あと3年ガマンすれば楽になれるのか・・・!」

そう思ったら急に元気が湧いて、
すっかりおいしい酒を飲めたことを
ここに記しておきます。
posted by トンボ2世 at 06:27| Comment(3) | TrackBack(0) | スピ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。