2008年03月12日

自転車第三弾

129.gif

トンボユクエフメイニツキ、アマンチュプレゼンツ。
そしてまたまた海女んちゅドリーミン。

どういうわけだか海女んちゅドリーミンコーナーを作って、全部の記事が自転車の夢。
なんだなんだ?ブームか?(確かにチャリブームではあるが…)

今度は海女んちゅ本人が、自転車の夢を見てしまいました。

最初はバイクに乗って走ってたんですが、いつの間にかチャリになってました。
全体的にボヤ〜〜としていて、昔の8ミリ再現フィルムみたいな感じ。
地面は乾燥して砂埃が舞い、
静かでなにもないところに、日光東照宮のようなど派手な門が現れます。
それは世界遺産になってます。
ワタシはその門に向かって思いっきり突進して行くのですが、
「ここをくぐったらマズイ」と思い、門の左側をすり抜けようとします。
すると突然、空中の見えないものに髪を掴まれひっぱられました。

マズイと思い起きようとしたのですが、金縛りにあって体が動かない。
やっとのコトで「うわー!」と叫びながら起き上がりました。



金縛りになるのなんて「スーパーサイキックおばあちゃん」以来ですけど、金縛り自体はたいした問題じゃないですから置いといて。

小学6年生の時から夢日記をつけてるんですよ。
なんでかっつーとその頃入退院を繰り返してたんで、ヒマだったからですけど。
その夢日記の長い歴史の中で、今回の全体がボヤ〜〜っとかすんでる夢っていうのが、3つしかないんです。

夢の場面が、現実と同じようなシチュエーションの場合は、現実の生活についてのアドバイスだったり、悩みだったりで、
現実的にありえない設定の場合は、心の問題だと言われます。
そこでもう一つ、主観にはなりますが、神々しい光や霞がかったりした場合「霊夢」というのがあるのですよ。
その霊夢が何をしてくれる、という訳ではないと思いますが、
あることはあるらしいんです。
何か意味があるとしたら、それは本人にしかわからないコトなんだと思います。

人の夢はよくわかるんですが、自分の夢はさっぱりわかりません。
そのスジの友人に聞いてみたところ、
「もしかしたら正面からその門をくぐらなければいけなかったのかも」
と言われました。
が、特に思い当たるフシがありません。

ワタシ何か道踏み外してるのでしょうか?
誰か教えてください。
posted by sanoa at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 海女んちゅドリーミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。