2006年08月24日

勝手にスピリチュアル・チェック

049.gif

えーみなさん、ごきげんよう。トンボです。
お暑うございますね。

ここんとこめっきり更新が遅れていますね。
帰省やら里帰りやらなんやらかんやらです。
あと、海女んちゅさんが忙しそうです。
ていうか、ものすごく忙しそうです。
いやむしろいつ倒れてもおかしくないほどの惨状です。

ふだんフェアリーな気まぐれ生活をしている海女んちゅさんが
過労になるほど働くなんていうとっても珍しいことになっているので
ワラクシは友人として静かに、慈悲深く見守ることにしました。

見てます。もう毎日見てます。
「見てるからね」って電話したり、
「見てるよ〜」ってメールしたりしてます。
みなさんもしてあげましょう。

そんなわけで、ワシは海女んちゅさんを見守るのに忙しいので
「オーラの泉」でおなじみのスピリチュアル・チェックを
無責任にみなさまにふってみることにしました。

自分の心に問いかけてみるもよし。
コメントに残していくもよし。
まったりと漠然とした質問は
夏バテのぼんやりした頭で考えるのがちょうどいいです。

☆★☆ スピリチュアル・チェック ☆★☆

1.自分の性格をひとことであらわすと?

2.想像してください。あなたはとても落ち着いた気分です。どこにいますか?

3.あなたの人生で最大の転機はいつですか?

4.最近、何か気になることはありますか?

5.何か、不思議な体験はありますか?

6.「けっこうスピ」「わりとレリジャス」「軽くオカルティー」「なぜかフィロソフィー」「もしかしてオーパーツ」、あなたの好みはどれ?

以上。海女んちゅさん、イラストよろしくね〜。あは。
posted by トンボ2世 at 15:05| Comment(8) | TrackBack(1) | スピ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

8月だから、サマー・サスピション

048.gif

昭和のかほりただようタイトル第3弾。
杉山清貴&オメガトライブ。1983年ですってよ、おとろちー。
そういえば杉山氏、「俺の声じゃない」とかって先日コンサート中止してましたよね。
なかなか男気炸裂ですね。

なんでサマー・サスピションかっていうと、アレですよ、
なんか毎年8月になると、バチあたりなことしちゃいけないような気がするんですよ。
ふだんは荒々しく生きているワシも、なんとなく神妙になっちゃったりして
意味もなくベランダを掃除してしまいます(ふだんからしろよ)

そして、いちいち迷信とかジンクスとかを意識するんですよ。
サスピシャスになるんですよ。

・・・いや? 迷信はスーパースティションでしたか?
サスピションだと疑い深くてヤラシイ人になっちゃいますね。
まあいいや、ションつながりってことで。

21世紀になって、世の中は信じられないほど便利になってますが
迷信ってどのくらい生存しているもんなんですかね?
日常会話でそういうの、なかなか聞くチャンスがないんで
せっかく8月なんだし(?)聞いてみたいもんです。

たとえばワシの場合は。。。
赤いペンで名前を書かないです。(親の死に目にあえないから)
黒猫が横切ったら、いいことがあると嬉しくなります。
(昔は縁起が悪いと思ってたけど、最近は吉兆に転換した)

夜に爪切っちゃいけないと言われてました。
雷がなったらヘソをかくしてました。
ワカメ食べたら髪が黒くなると言われ、泣きながら爆食しました。
「しゃっくりが30分以上止まらないと死ぬ」というプレッシャーで死にかけました。
「運動中は水を飲んじゃ駄目」と言われて死にかけました。

。。。いや、後半は迷信じゃないですね。
よくわからなくなってきたので、ウィキペディアで調べてみました。
「ジンクス」「迷信」

昔、信じていたことが今になって間違いだったと言われた時の
なんとも言えない虚無感に人生を感じつつ、
「3人兄弟の真ん中は変人が多い」とか
「B型の女はタチが悪い」とかっていう
「ジンクス」のかわりの「レッテル」が邪魔だなあ〜と思う今日この頃であります。
posted by トンボ2世 at 20:20| Comment(7) | TrackBack(0) | スピ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

サイキック刑事

047.gif

「こんな本出てるらしいよ〜読んだ?」
妙なところで情報通だが、言うだけ言って自分では買わない
そんな海女んちゅさんの連絡を受けて、
「思わず笑えるスピリチュアルな裏話」という本を買って読んだ。

うすい。109ページで1000円は暴利ですぞ。
しかし著者の福山貞心氏はれっきとした霊能者らしく、
心霊相談をやったり、テレビに出たりするメジャーな御方らしい。

見えない人間がスピ的なものにチャチャを入れる「とんスピ」と違い
この本は、スピを仕事とする人がスピをめぐる日常を描いた本。
つまり、霊能者自身が相談に来たブッとんだ人々のことを書いているわけで、
ワシのような人間には、好奇心まるだしで読める貴重な書である。

ほんわかしたフラットな語り口も、空き時間にサラッと読むにはまあ悪くない。
なんたってすごいです、出てくる相談者のエグさったら。
相手をするサイキックも大変だなあ〜と少々同情もしたりして。

そんなことはまあいい。気になるのは、本の最後にある言葉だ。
「私だって悪霊はコワイですよ〜」

どっちっつーと霊よりは生きてる人間のほうがコワイかも?
というのが彼の本の趣旨なわけだが、
中には長年恨みだけを抱いてさまよっているようなツワモノ霊もいて、

「そういう霊と対面する時は、コワイなあ〜帰りたいなあ〜」
と思うこともある、と正直な気持ちをつづっている。

霊にもいろんなタイプがあるように
サイキックにもいろんなタイプがいるんだなあ〜と最近よく思う。
福山さんのように、柔和な笑顔で日常の延長として除霊をするサイキックもいれば、
手強い霊ばかりを専門にするサイキックもいるんだろう。

「刑事」にもいろんなタイプがいるのと同じことじゃなかろうか?

福山さんはさしずめ「こち亀」の両さんタイプ?下町が似合います。
江原さんは誰だろう、「はぐれ刑事純情派」か。カツ丼食わせそう。

下ヨシ子さんはアレだな、ぜったい捜査一課だよな。
凶悪犯ばかりを追っかける「マル暴の女」。
宜保愛子ちゃんは「おばさん刑事」
家政婦は見た!アライヤダ〜

はねっかえりの女刑事は、我らがレディM!
捜査一課のマドンナとして活躍していただこう。

そして。刑事たちがたむろするのは
こわもてのおやっさんがいる居酒屋「鍋奉行モーゼ」
おやっさんが昔腕利きのデカだったことは、ボスだけが知っている秘密だ。

・・・なんてなバチあたりなことを考えてしまう
盆休み突入のトンボでありました。(墓参りに行くっス)
posted by トンボ2世 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(1) | スピ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

スピフードとソウルフード

046.gif

先日スマスマに江原さんがゲスト出演してましたけど、
「スピリチュアルフード」ということでジャガイモ料理をオーダーしてましたね。

江原さんによると、ジャガイモとか豆とか米とかは
エネルギーがぎゅっと凝縮してるからスピリチュアルフードなんだとか。

んーと、つまり根菜とタンパク質ってこと?
しかし「スピフード」って言われても、
「…で?」としか言いようがないですなあ。
しかもコーヒーもスピフードらしいですけど
既に「フード」でもない気がしますが?

ということで。ここで気になること。
「スピリチュアルフード」「ソウルフード」の違い。

ここで腐るほどスピスピと言ってますが、
んじゃあスピリットソウルの違いってどこにあるんでょう。
調べてみたんですが、なんかよくわかりません。

ここがかろうじて参考になりそうなんですが、これによると
ソウルはボディと対になるもので、肉体にくっついてる「」。
対するスピリットは肉体を超越した次元のもので、活動体としての「精神」。

・・・んー、こういう概念的な話になると途端に目が泳いでしまうワシ・・・。
こんがらがってきたので、国語事典を引いてみることにしました。

【精神】こころ。たましい。気力。理念。
【魂】こころ。精神。


・・・・どっちも「こころ」やんけ。

まあ、「江原啓之のスピリチュアルメッセージ」だと
なんとなくヘヘエ〜ありがてえ〜って感じがしますが
江原啓之のソウルフルメッセージ」になると
YAZAWAタオルを持ってなきゃいけない気がしますね。

とりあえず、スピリットよりソウルのほうが
オレオレyo-yo-ってことでよろしかったですか?

とあるR&B系ミュージシャンが
「日本のソウルフードって、やっぱうどんだよねっ!」
と断言してましたがよろしかったですか?

かくいうトンボはアメリカ人の友人に
「ソウルフルってコトバはおっかしいよお〜はっはっユーキディング!」
と飲み屋で大声で笑われ、ソウルフルという言葉が
実は和製英語だと初めて知った次第ですyo。

ちなみにこれは対抗馬? 何が起きたか鏡リュウジ。
鏡リュウジのソウルフルタロット
posted by トンボ2世 at 22:59| Comment(4) | TrackBack(1) | スピって何さ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

スピシーズン到来?

043.gif
ひょんなことで「本当にあった愉快な話」という雑誌を初めて手にしたんですが、
愉快な話と銘打っているわりに、意表をついてスピネタが満載でしたよ。
結局、スピは笑えるってことなんでしょうか。ま、人のこと言えませんけども。ええ。

その中で面白かったのが、サイキックが出ている心霊番組を
一般サイキック(というのか?)がテレビ越しに霊視してツッコむという実話マンガ。
オーラの泉で江原さんや美輪さんが霊視した内容が
画面越しに自分が見えてるものと合ってるかどうか、とか。
見えているものを江原さんたちがどう解説するか、とか。

そう言えばサイキックMさんも、以前同じようなことを言っていた。
サイキックというのは要するに通訳だから、
見えているもの、語りかけたものをどう相談者に伝えるか、
というあたりに技量が出るわけで。
「なるほど、そう説明するかあ〜」とテレビの前でうなったりしているらしい。

ちなみに最近海女んちゅとの間では、Mさんのことを
レディMとひそかに呼んでいる。
特に意味はない。単に変化がほしかっただけの乙女心である。

で、その雑誌の中で、あるサイキック投稿者が断言していた。
「心霊番組ってコメディですよね」

その人によると、心霊スポットにおもむいて
「霊はいないようですね〜」と言ってる霊能者のまわりに
オイオイこいつ大丈夫かよ?とガックシきてる霊がまわりにうじゃうじゃいたり

あんまり「霊がいません、いません」と連呼するもんだから
わざとわかるようにアクションを起こす霊がいたり

見える人にはかなりトホホな状況が繰り広げられているらしい。
なんだかなあ〜。

夏まっさかりで心霊番組のオンシーズンとも言える8月。
見える方々にとっては「笑える季節」なんでしょうかね。

そう言えば日本って夏になると「涼しくなるから」って怖い話しますけど、
他の国はどうなんですかね。
個人的にはここでさんざんスピ話書いてきたので
今さら霊って言われても・・・って感じなんですけどね。

夏の間は心霊以外のネタを探そうかな。
単なるあまのじゃくですよ、ええ。
posted by トンボ2世 at 00:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 軽くオカルティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

カリスマサロンのウンパルンパ

045.gif

「ウンパルンパがつけたこよりを捕獲しましたっ!」

ある朝、meleさんから唐突にメールが届いた。

meleさんは繁華街でヘアサロンをきりもりする美容師さんで、
サイキックMさんによると、彼女は体から水芸のごとく金粉を噴出しているらしい。
エネルギーがあふれている人はよくそうなるらしいが(新庄がそう)
海女んちゅさんとはひそかに「カリスマmeleの金粉ショー」と呼んでいる。

そんなmeleさんが「真夜中の白いこより」を読んで
「3ヶ月に1回くらいのペースで、こよりをつけているお客さんがいて困っている」
と言っていたので、次に見たら捕獲してくれと頼んでいたところだった。

問題のこよりを発見したmeleさんは、思わずお客さんにこう聞いたらしい。
「妖精ってみたことありますか?小さいおっさんらしいんですけど」
するとそのお客さんは
「私がおっさんですが何か?」

店長も店長だが、客も客である。

そんなmeleさんから渡されたのは「ウンパルンパ」と書かれたビニール袋。
サロンでは「小さいおっさんのこより=ウンパルンパ」となっているらしく
mele店長が目配せすればスタッフは袋を取り出し
「あ、ウンパルンパですね」

店長も店長だが、店員も店員である。

いやいや捕獲したのはこよりであってウンパルンパではないのでは?
なんというツッコミなどどうでもいい。大事なのはこよりである。
早速の捕獲速報に、これを見ない手はあんべ!とばかりに
海女んちゅと2人でmeleサロンを襲撃することになった。

問題のウンパルンパ袋には2本の短い毛髪が収まっていた。
1本は、黒髪に白いこより。
もう1本は、アッシュっぼい髪にグリーンのこより。
meleさんによると、白いのが日本人おっさんについたこより、
緑のはカナダ人おっさんについたこよりらしい。

こよりこよりと書いときながらナンだが、
海女んちゅと違って「こよりっぽいもの」が髪の毛についた覚えがないワシは
「こよりなんつっても、結局は繊維がついたとかそういうことでしょ?」
と内心思っていたのだ。

しかし目の前にある毛髪は、繊維がからんでるどころのレベルじゃなく、
「明らかに」「人為的に」「接着している」
こよりが髪とあまりにも一体化していて、
職人技できれいにつながっているのが、結合部分でかろうじてわかるほどである。

しかも黒髪には白いこより、ガイジン髪にはグリーンのこより。
そのカラーコーディネイトの妙は何なんだ。

見事な仕事っぷりを目の当たりにして
ますますおっさんの存在に興味を持つ一方で、
なぜおっさんのこよりがついているのは「リアルおっさん」なのか?
というあたりに新たな疑問を感じないでもない。

「オレ、最近めっきりおやじ」
と自覚症状のある方々、次に行くのはあなたんちです。
毎朝の毛髪チェックを怠らないように。
こより発見時は「ほうれんそう」でよろしくどうぞ。
posted by トンボ2世 at 22:14| Comment(9) | TrackBack(0) | スピ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。