2006年06月22日

のろわれたい人

033.gif

前回紹介した「ダカーポ」のスピ特集の中で
「オーラの泉、最高視聴率はベッキーの回で14.6%」
という1文を読んでビックラこいたトンボです。

じゅ、じゅーよんぱーせんと・・・
深夜枠ってことを考えると、恐ろしい数字ですね。
化け物番組です。いろんな意味で。

かくのごとく数字というのは1つの指標になるものですが、
実はこのブログで使っているseesaaというシステムでは
検索エンジンでどんなキーワードで検索して
この「とんスピ」にたどりついたのか、ということを
親切にも解析してくれるんですよ。

でね、どんな言葉が一番多いと思います?

答えは「憑依」です。

それはもう、日本の将来が心配になるくらい
世の中の人は憑依でお困りのようですよ。
どんだけのりうつられてんだよって話ですよ。

「私、ひょっとして憑依されてるのかも…」
「人生がうまくいかないのは祟りなんでしょうか?」
「こんなことが起こるのは前世の因縁かもしれない」

まあね、中には実際そういうこともあるかもしれませんがね、
なんでもかんでも霊のせいにすんなバカチンが

こういう困ったちゃんは意外なほど多いものですが
最近友人からキョーレツな話を聞きました。
友人Zちゃんのところに突然、
学生時代につきあっていた元カレから電話があったそうです。

その元カレはルックスはいいが、A級だめんず。
電話によると彼はろくすっぽ働いてないどころか
何やら自分でよくわからないプロジェクトを立ち上げ、
20代半ばにして700万もの借金をこさえているらしい。

おまけにカノジョがいるにも関わらず
プロジェクトで知り合った女といたすことをいたしたらしいが
その理由がイカしてます。

「最初はなんでもなかったのにさ、
彼女が『もうあの人に会わないで』なんていうからいけないんだよ。
オレたちはトゥインクル・ツインスターなんだね。
双子なんだよ。ソウルメイトなんだよ。
引き離されると、よけいに惹かれ合っちゃうものなんだよ」


…頭がキキとララですね。

なのにその男は相手を孕ませた挙げ句、全額女負担で中絶させたらしい。
そして、その子供の腹部エコー写真を手帳に入れて持ち歩き、

「だって彼女が勝手におろしちゃったんだよ。
でもこうしていれば、この子はボクと一緒なんだ。
いつか生まれてくる子は、きっとこの子の生まれ変わりなんだよ」


体の奥から熱いものがあふれてきましたが、話はここで終わりません。

いいとこのボッチャンだと周囲に思われていた彼ですが
よくよく聞くと、大学教授の父親も借金こさえて四苦八苦。
妹もへんな男につかまって一度は中絶させられ、
二度目に妊娠したので、男がしぶしぶ結婚を承諾したという話。

「それもこれも、グランマが水子供養をしなかったせいなんだよ。
かくいうボクにも水子がついてるんだけどね、アハハ。
ところでZちゃん、今度遊びに行っていい?
いろいろあってリフレッシュしたいんだよね〜」


たのむからいっぺん死ね お逝きあそばせ。

よくもまあこんなに見事に
全てを他人のせいにできるもんだと感心すると同時に
呪われたい人、または「呪われていることにしたい人」が
世の中にはいるんだと初めて知りました。

文字通り、とんでもスピリチュアル。


posted by トンボ2世 at 22:22| Comment(6) | TrackBack(0) | スピな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。