2006年04月24日

てんてんが欲しい

007.gif

みなさんこんにちわ。
スピリチュアルよりミステリアス、
オーラより神秘のベールで包まれたい、
魔性の女脂肪のトンボです。

慣れない言葉を使うと漢字間違えていけませんね。

言葉といえば、本当にどうでもいいことで恐縮なんですけども
なんでワシはスピリチュアル系の事柄がいまいち信用できないのかなーって
ずっと謎だったんですよ。でね、今日ふと

「あ、濁点がない」

と思い至ったのであります。

言葉の音って、漢字とかの見た目と同じくらい
イメージを左右すると思うんですけどね、
どうもワシは濁点がない言葉って軽〜く感じてしまうんです。
なんつうか、説得力ないっつうか信用できないっつうか。

スピリチュアル。

濁点ないス。
しかも「スピー」って音が鼻から抜けて体に残らない印象。
最後の「チュアル」が「あたしカワイイでしょ?」って感じで意味もなくムカつく。
友達だったら恋の悩み相談は受けたくないです。

チャクラ。ない。
オーラ。ない。
ミカエル。
ホロスコープ。
妖精。
天使。
心霊。
守護霊。
あ、あった。
ヒーリング。
ダメじゃん。

でもさーなんかこう、グエッとくる音があると
もう少し食いつける感じするんだけどなあ。
ガングリオン!とか。
グッゲンハイム!とか。
ジョヴィジョヴァ〜とか。

てんてんか?
てんてんをつければいいのか?

「ズビリヂュアル」

。。。。
ん〜〜〜。

ただの鼻がつまった人になってしまいました。

つらつらアホなこと考えてたら、とあるサイトにこんなことが書いてありました。
「癒しの言葉」
言葉に濁音が1つあると、余韻を感じるのではないでしょうか。
例えば西洋の鐘は清音で「カーン」、
でも東洋の鐘は濁音で「ゴーン」と全身にしみわたります。
濁音のほうが五感に感じ、余韻をもって響き渡ります。



やっぱり濁音が1つでも入ると印象に残るのか。
トンボでよかった。海女んちゅ残念!


posted by トンボ2世 at 19:02| Comment(7) | TrackBack(0) | スピって何さ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。